検索結果一覧(18ページ目)
検索キーワードから探す
  • 【プレミアムサービス】
  • 一般番組(1月23日~2月23日)
  • 目的から番組を探す:
    Ch.677 ×
放送日を指定する
1月23日~2月23日
ジャンルを変更する

ドキュメンタリー/教養,アニマルプラネット(Ch.677)の放送番組一覧

希少な野生のホワイトライオンの子ども2頭の成長を紹介する番組の第一話。2頭の姉妹は2009年、南アフリカのクルーガー国立公園で雪のように白い姿で生まれた。他のライオン同様、大自然で生き残るために様々な困難を乗り越える必要がある。しかも、ひときわ目立つ姿のために出くわす恐怖にも打ち勝たなければならない。狩りを覚えて危険を回避し、白い姿で生きぬく方法を学び、成長する2頭を追う。 希少なホワイトライオ…

ナミビアのエトーシャ国立公園は世界屈指の国立公園。ここでは動物による生死をかけた戦いが、毎日繰り広げられる。照り付ける太陽の中、数少ない水場には草食動物が集まる。その中に弱った者がいないか、肉食動物が虎視眈々と狙う。生き残れるのはタフな者たちだけだ。 ナミビアのエトーシャ国立公園で繰り広げられる野生動物の生死のドラマを追う。

観光客には知られていない、美しいハワイの自然をご紹介/旅行のパンフレットでお馴染みのハワイのビーチ。そこで楽しめるのはヤシの木やバーだけではない。あまり知られていないが、美しい自然のショーも見所なのだ。

アメリカとメキシコの国境に位置するテキサス州のビッグベンド国立公園。番組では、その自然史を紹介。そこに生息する魅力的な野生生物や国境を自由に越える人々にスポットライトを当てる。

メキシコ。その歴史は古く、多様性に富み、神秘的な魅力に満ちている。番組ではメキシコの海や砂漠やジャングルに生息している珍しい動物を紹介する。ジャングルには恐ろしいジャガーがいるほか、草食のクモがすんでいる。海にはケンプヒメウミガメやコククジラがおり、ジンベエザメが集まる珍しい様子を見ることもできる。砂漠ではアホロテトカゲ、洞窟ではボアコンストリクターに出会うこともできるのだ。

アメリカ東海岸、南アパラチア地方のグレートスモーキー山脈。古代から続くこの山脈は、四季の原生林で彩られている。時に、ここは“無法者の森”と化す。弱肉強食の世界で、アライグマやコヨーテ、クロクマが共存し、彼らの運命はその隣人たちにゆだねられている。野生動物を観察する森林警備隊の活動の様子を通して、厳しい世界に生きる野生動物たちの驚くべき姿、アパラチア山脈のリアルライフをお届けする。

コスタリカは2つの海と2つの国に挟まれ、多様性に富んでいる。この小さな国には50万種もの動物が生息しているのだ。番組では、その中から特にユニークな動物たちにスポットライトを当てる。奇妙な行動をとるサルや、魚を捕まえるコウモリ、滅多に姿を現すことのないオセロットやピューマなどだ。そしてカメラは海の世界にも潜入。サメの大群でにぎわう圧巻の光景を紹介する。

キャニオンランズ国立公園を紹介する。スラックラインのプロが、地上100メートルの場所に張られたラインの上を歩く。73歳の女性が、歴史ある牧場を守るために闘う。ホーヴェンウィープ国定公園では今にも崩れそうな遺跡を守る人々を紹介する。

野生動物にとって自分の身を守ることは非常に大事。今回は、動物たちの防衛術を紹介する。ケープハイラックスの目は優れていて、眩しい場所でも敵の鳥を見つけることができる。オキナインコの防衛術はチームワーク。群れ全体で敵に立ち向かう。動物たちはどのような防衛術で生き抜いているのだろう。

今回、ジョシュ・ゲイツはオーストラリアのアウトバックへ向かい、冒険家ハロルド・ラセターの足跡をたどる。ラセターは、巨大な金脈を発見したと主張していた。ジョシュは、ラセターに詳しいオーストラリア人の専門家2人と共に手掛かりを追う。果たして、どんな結末がまっているのだろうか? 世界各地の古代遺跡や歴史、伝説などにまつわるミステリーを検証するシリーズ、待望の第3弾! 世界には人々を悩ます未解決の謎が…

食物連鎖の上位に立つ捕食者たちは、鋭い牙や優れた能力を持ち、圧倒的な強さで獲物を捕らえることができる。今回は、すさまじいアゴの力を持つ捕食者たちが登場する。巨大なホホジロザメは海面から飛び出て狩りをする。ナイルワニは隠れ、獲物が近づくのをひたすら静かに待つ。リカオンは、捕まえた獲物をあっという間に引き裂くことができる。 弱肉強食の自然界における危険な生き物たちの戦いを追う新シリーズ! 食うか食…

野生生物の映像作家キム・ウォルフターは危険な肉食獣と仲良くするのが得意。ジンバブエの猟獣保護区ではチーターの親子に家族のように受け入れら、1年半にわたって共に過ごした。チーターの母親が5頭の子供を育てていて、キムを警戒することもなく近くで撮影することを許したのだ。狩りの様子を間近で撮影した映像や、じゃれ合いながら撮影した映像は臨場感にあふれ、ほかでは見られないチーターの生態を映し出している。

パナマの太平洋岸では珍しい現象が見られる。捕食者たちが、エサとなる大量の魚を囲い込み、奪い合いをするのだ。この現象を引き起こしているのは、マダライルカやキハダだ。パトリックは、この異なる2種の動物が、協力し合ってこの現象を起こしているのか調査することに。エサとなる魚の群れの中に入らねば、間近で観察できない。しかし、サメがたくさん泳いでいる海に潜るのは命懸けで…。

コヨーテが探しているのはシドニージョウゴグモ。ヘビよりも長い牙と、ガラスを貫通するほど強い顎と、人間を15分で殺してしまう毒をもつ恐ろしいクモだ。そんな猛毒のクモが生息しているのは、500万人以上が暮らす大都市のシドニー。毎年このクモの毒で何人もの被害者が出ている。しかしこの毒を使って人を救うこともできるのだ。
コヨーテ・ピーターソン

コヨーテはオーストラリアで一番かわいい有袋類を探す。オーストラリアに生息しているのは、トカゲやヘビやクロコダイルなどの危険な動物だけではない。コアラ、カンガルー、ウォンバット。かわいい有袋類も数多く生息しているのだ。コヨーテはそれぞれの有袋類に接近し、どの動物が一番かわいいかを決める。
コヨーテ・ピーターソン

世界一大きなヘビ、アナコンダを求めてブラジルのへき地を訪ねる。野生生物専門の写真家がそこで巨大なアナコンダを撮影したのだ。一歩先へ進んだ観察をするため、アナコンダの縄張りとなっている川に入ることに。最上位捕食者と共に泳ごうというのだ。間近で生態を観察しようとするが、アナコンダを刺激すれば命取りになりかねない。

カバはアフリカに生息する動物の中でも極めて攻撃的な動物だ。そんなカバを研究するためアフリカへ向かう。野生のカバは縄張り意識が強く予測不能な行動を取るため、水中での様子を研究した科学者は今までいない。その謎に満ちたカバの生態を探るべく、恐怖と闘いながら水中に潜っていく。

地球上で最も恐ろしい生き物、ホオジロザメ。メキシコのグアダルーペ島で究極の捕食者ホオジロザメとの究極のダイビングを試みる。ミッションは巨大なホオジロザメに送信機をのみ込ませることだ。その際、個体がどのような反応をするかや、体温を調べるのだ。ミッションをこなすため、スティーブは安全なダイビング用の檻から出るのだが…。

ホラー映画に出てきそうなアメリカオオアカイカは地元では"赤い悪魔"として知られている。ウワサ通り残虐な生き物なのか調べるためには深海からおびき出さねばならない。そこでイカの活動が最もさかんになる夜にダイビングすることに。しかし暗い海の中では、どこからイカが現れるか予測できず、海の底へと引きずり込まれる恐れもあるのだった。

近年、アメリカではグリズリー(ハイイログマ)やアメリカクロクマが人間を襲う事件が劇的に増えている。クマの個体数は増加傾向にあるが、人間が生息地を開発してしまったため食料が不足し、人里に姿を現すようになったのだ。ショッピングセンターや子供の遊び場だけでなく、人家にもやって来る。番組ではクマに襲われた被害者やその家族が恐怖体験を語る。クマに襲撃される危険はあちこちに潜んでいるのだ。

ブラッドリーとビリーがやってきたのはネバダ州の砂漠。灼熱の太陽の下で、ものすごい速さで移動する小さなヒヨケムシを探すのだ。優れた感覚器官を持ち、遠くにいる敵の存在も感知することができる。そして獲物を見つけると、恐ろしい強力な顎で獲物を切り裂くのだ。ブラッドリーとビリーはヒヨケムシを見つけ、恐ろしいパワーを実際に見ることができるのか。

ブラッドリーとビリーはタイの熱帯雨林でトッケイヤモリを探す。木の上で暮らすこの小さな動物は肉食。丈夫な顎と鋭い歯で肉をかみ砕く。走るスピードもさることながら、握力がものすごい。一度つかんだら何があっても離さないのだ。ブラッドリーとビリーはトッケイヤモリを見つけ、その力を調査することができるのか。

モザンビークにやってきたブラッドリーとビリーは、世界で最も恐ろしいカマキリ、ニセハナマオウカマキリを探す。まずこのカマキリはどこにいるのか分からない。花や葉にそっくりな体をしているのだ。そして身を隠しながら獲物に近づき、目にもとまらぬ早業で捕まえ、生きたまま食べる。2人は隠れ上手なカマキリを見つけることができるのだろうか。

ブラッドリーとビリーがやってきたのはラオスのジャングル。探しているのは恐ろしいイボイモリだ。小さな動物だが、倒すのは不可能に思える。強力な顎を持ち、骨格は頑丈。さらにガラガラヘビよりも恐ろしい毒を持っているのだ。ブラッドリーとビリーはイボイモリを探し出し、無事に調査することができるのか。

パナマの太平洋岸では珍しい現象が見られる。捕食者たちが、エサとなる大量の魚を囲い込み、奪い合いをするのだ。この現象を引き起こしているのは、マダライルカやキハダだ。パトリックは、この異なる2種の動物が、協力し合ってこの現象を起こしているのか調査することに。エサとなる魚の群れの中に入らねば、間近で観察できない。しかし、サメがたくさん泳いでいる海に潜るのは命懸けで…。

野生生物の映像作家キム・ウォルフターは危険な肉食獣と仲良くするのが得意。ジンバブエの猟獣保護区ではチーターの親子に家族のように受け入れら、1年半にわたって共に過ごした。チーターの母親が5頭の子供を育てていて、キムを警戒することもなく近くで撮影することを許したのだ。狩りの様子を間近で撮影した映像や、じゃれ合いながら撮影した映像は臨場感にあふれ、ほかでは見られないチーターの生態を映し出している。

今回は殺戮を得意とする恐ろしい恐竜を紹介する。舞台は今からおよそ1億5000万年前のジュラ紀。陸ではアロサウルスなどの巨大肉食動物が闊歩していた。最新の研究で海にも恐ろしい捕食者がいたことが分かった。それはプレデターXだ。白亜紀の終わりが近づくと、新たなハンターが。南ではマジュンガサウルス、北ではダスプレトサウルスが支配するようになる。

東南アジアで謎の水中生物が若い男性の睾丸を切り取ったという情報が入る。切り口はズタズタではなくキレイで、まるで外科創傷のようだという。そのような切り口をつけられる生物とは一体どのようなものだろうか。被害者の中には目に傷を負った者や致命傷を負った者もいるという。生物学者のジェレミー・ウェイドは真相を探るべく、早速、メコン川へと向かう。果たして、この謎の生物の正体とは?

ブラッドリーとビリーがやってきたのはネバダ州の砂漠。灼熱の太陽の下で、ものすごい速さで移動する小さなヒヨケムシを探すのだ。優れた感覚器官を持ち、遠くにいる敵の存在も感知することができる。そして獲物を見つけると、恐ろしい強力な顎で獲物を切り裂くのだ。ブラッドリーとビリーはヒヨケムシを見つけ、恐ろしいパワーを実際に見ることができるのか。

ブラッドリーとビリーはタイの熱帯雨林でトッケイヤモリを探す。木の上で暮らすこの小さな動物は肉食。丈夫な顎と鋭い歯で肉をかみ砕く。走るスピードもさることながら、握力がものすごい。一度つかんだら何があっても離さないのだ。ブラッドリーとビリーはトッケイヤモリを見つけ、その力を調査することができるのか。

モザンビークにやってきたブラッドリーとビリーは、世界で最も恐ろしいカマキリ、ニセハナマオウカマキリを探す。まずこのカマキリはどこにいるのか分からない。花や葉にそっくりな体をしているのだ。そして身を隠しながら獲物に近づき、目にもとまらぬ早業で捕まえ、生きたまま食べる。2人は隠れ上手なカマキリを見つけることができるのだろうか。

ブラッドリーとビリーがやってきたのはラオスのジャングル。探しているのは恐ろしいイボイモリだ。小さな動物だが、倒すのは不可能に思える。強力な顎を持ち、骨格は頑丈。さらにガラガラヘビよりも恐ろしい毒を持っているのだ。ブラッドリーとビリーはイボイモリを探し出し、無事に調査することができるのか。

新婚のダニエルとローレンがノースカロライナ州アウターバンクスのナグスヘッドで新居を探す。2人が初めて出会い、婚約したビーチのある場所だ。海から徒歩100歩以内の物件が理想だが、高級住宅街であり、ハリケーンの通り道でもある。1軒目は静かな場所にあり、"徒歩100歩以内"の条件にも合うが、デッキを修理せねばならない。2軒目は予算の割に広いが、すぐ隣が公共のビーチ。3軒目は桟橋に近く、街の中にあって買い…

フロリダキーズでアウトドアキッチンや桟橋があり、ビーチの景色が楽しめる高級住宅を探す。1軒目の物件には島が丸ごとついてくる。360度の絶景が楽しめ、電気も水道も完備している。2軒目には長い桟橋やプールがあり、2人の理想に近い。しかし、建物の中に問題が見つかる。3軒目は、ものすごく広くて豪華な家だ。プールだけでなく、広いプライベートビーチもあるのだ。

ジョエルはアフリカ最大の捕食者ライオンを間近で見るため、ザンビア東部を訪ねる。日中は海軍特殊部隊で培ったスキルを生かして後をつける。そしてライオンの特性を夜でも見られるよう、最新鋭の温度カメラを用意して特殊ポッドの中から観察。すると大きなオスが中に入ろうとしてくる。バッファローの群れが現れた時、ライオンが取った行動とは?彼はライオンの優れた能力を間近で見て息をのむのだった。

ラブラドール・レトリーバーのクーパーはアイスが大好きな犬として近所で有名だ。なんと地元のアイス店がクーパーのためにオリジナルのアイスを作ってくれたという。果たしてピーナツバター・チキン味とは?にゃんこのノラはピアノを弾き、ネットで一躍有名になった。著名な指揮者がノラの演奏に合わせてコンチェルトを作ったというから驚きだ。ラップが得意なオウムのサントスは、その歌声で聴衆を魅了する。

サルのブーは人のものを持って逃げるのが大好き。しかも一緒に暮らしているわんこにイタズラを仕掛ける。ラブラドール・レトリーバーのデュークは隙あらば食料庫に侵入。大好物のピーナツバターが狙いだ。飼い主は、あさられないようにキッチンに警報器をつけるのだが…。チャイニーズ・クレステッド・ドッグのネイサンはダンスがうまいけれど、それを見せびらかそうとするから、付き合うほうは大変で…。

世界一大きなヘビ、アナコンダを求めてブラジルのへき地を訪ねる。野生生物専門の写真家がそこで巨大なアナコンダを撮影したのだ。一歩先へ進んだ観察をするため、アナコンダの縄張りとなっている川に入ることに。最上位捕食者と共に泳ごうというのだ。間近で生態を観察しようとするが、アナコンダを刺激すれば命取りになりかねない。

依頼人のノニーとその娘パロマは最近、黒猫のタフィーを家に迎え入れた。タフィーは、内気だったパロマを変えた。しかし、そのあり余るエネルギーで夜も暴れるため、パロマたちは眠ることができない。そこでアントニオとその仲間は、この元気なにゃんこを喜ばせるため、世界に1つしかない部屋を作る。また、それと同時にタフィーを保護した施設の一室にも手を加える。

依頼人のジョーとリンジーは、保護された動物3匹と共に暮らしている。怠け者なにゃんこ2匹と、やんちゃなわんこ1匹だ。現在の家は彼らにとっては手狭だ。特にエサをやっている時は特にそう感じる。そこでアントニオはデッドスペースを生かして、部屋を広くし、暮らしやすいようにする。また、太ったにゃんこたちが運動できるよう、ある工夫をするのだった。

近年増えているというオオトカゲによる襲撃事件を追う。インドネシアの沖合で5人のスキューバダイバーがボートから離れてしまい、10時間も漂流したのち、ある島に漂着した。凶暴なコモドオオトカゲが多数生息している島だ。彼らは救助を待つ間、この巨大で危険な生物に命を脅かされる。一方、アメリカでは元々ペットとして持ち込まれたナイルオオトカゲが飼い主の手を離れ、あちこちで人々を襲っているという。

新婚夫婦がノースカロライナ州のアウターバンクスで新居を捜す。条件は、四輪駆動車ですぐに家からビーチに乗り入れられること。1つ目の物件は屋上に広いデッキがある家。アウトドアスペースは完ぺきだが、他に問題が見つかる。2つ目の物件は灯台のようなイメージで、らせん階段のある奇抜なデザイン。3つ目の物件は目の前に海があり、広いデッキもあって、まさに海辺の家だ。果たして理想の新居は見つかるのだろうか。
アイコンについて開く
放送中
ただいま放送中 現在放送中の番組です。
NEW!
初回放送 初回放送の番組です。
日本初
日本初 日本で初めて放送される番組です。
二ヵ国
二ヵ国語 吹き替えの音声に加えてオリジナルの音声を副音声で放送する番組です。
ステレオ
ステレオ 音声がステレオの番組です。
モノラル
モノラル 音声がモノラルの番組です。
5.1ch
5.1ch放送 5.1Chサラウンドの番組です。
音声多重
音声多重 音声多重の番組です。
生放送
生放送 生放送の番組です。
HD
HD番組 ハイビジョンの画質の番組です。
PPV
PPV 番組単位で購入し、視聴した分だけ後日料金を支払う視聴方法が選択可能な番組です。詳細はこちら
字幕
字幕 字幕を表示する番組です。
吹替
吹替 吹き替えの番組です。
無料
無料放送 ご契約がなくても視聴いただける番組です。
R-18指定
成人向け番組 成人向けの番組です。
R-15指定
R-15指定 視聴年齢制限が15歳未満に設定されている番組です。
PG-12指定
PG-12指定 12歳未満(小学生以下)の方は保護者同伴での視聴が望ましい番組です。
オンデマンド
オンデマンド スカパー!オンデマンドでも視聴いただける番組です。
※一部ご視聴いただけない番組もございます。

・このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
・このサイトは、ブラウザInternet Explorer11以降、Chrome 最新版、Firefox 最新版での動作を確認しております。上記以外のブラウザで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

スカパー!公式番組を探すドキュメンタリー・ニュースの番組特集ドキュメンタリー/教養の放送番組一覧 > アニマルプラネット(Ch.677)の放送番組一覧