検索結果一覧
検索キーワードから探す
放送日を指定する
2月27日~3月27日
ジャンルを変更する
すべて

ニューヨーク・フィルハーモニックの放送番組一覧

新たに発掘されたバーンスタイン伝説のTVシリーズのシーズン2。第4話は、アメリカの作曲家コープランドの60歳の誕生日を祝い、コープランド自身の貴重な指揮も。
レナード・バーンスタイン
アーロン・コープランド
ニューヨーク・フィルハーモニック
ウィリアム・ワーフィールド

新たに発掘されたバーンスタインの伝説のTVシリーズのシーズン2。第5話は、後の巨匠リン・ハレル16歳のドヴォルザーク「チェロ協奏曲」が見どころ。

新たに発掘されたバーンスタイン伝説のTVシリーズのシーズン2。第4話は、アメリカの作曲家コープランドの60歳の誕生日を祝い、コープランド自身の貴重な指揮も。
レナード・バーンスタイン
アーロン・コープランド
ニューヨーク・フィルハーモニック
ウィリアム・ワーフィールド

新たに発掘されたバーンスタインの伝説のTVシリーズのシーズン2。第5話は、後の巨匠リン・ハレル16歳のドヴォルザーク「チェロ協奏曲」が見どころ。

新たに発掘されたバーンスタイン伝説のTVシリーズのシーズン2。第4話は、アメリカの作曲家コープランドの60歳の誕生日を祝い、コープランド自身の貴重な指揮も。
レナード・バーンスタイン
アーロン・コープランド
ニューヨーク・フィルハーモニック
ウィリアム・ワーフィールド

新たに発掘されたバーンスタインの伝説のTVシリーズのシーズン2。第5話は、後の巨匠リン・ハレル16歳のドヴォルザーク「チェロ協奏曲」が見どころ。

新たに発掘されたバーンスタイン伝説のTVシリーズのシーズン2。第2話は、民族楽器、古楽器からテープレコーダーまで、当時の珍しい楽器たちを紹介。
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ニューヨーク・プロムジカ
ウラジミール・ウサチェフスキー
アニタ・ダリアン
ヴィラ=ロボス

新たに発掘されたバーンスタイン伝説のTVシリーズのシーズン2。第3話は、序曲と前奏曲についてわかりやすく解説。自作『キャンディード』序曲の名演も。
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック

新たに発掘されたバーンスタイン伝説のTVシリーズのシーズン2。第4話は、アメリカの作曲家コープランドの60歳の誕生日を祝い、コープランド自身の貴重な指揮も。
レナード・バーンスタイン
アーロン・コープランド
ニューヨーク・フィルハーモニック
ウィリアム・ワーフィールド

新たに発掘されたバーンスタインの伝説のTVシリーズのシーズン2。第5話は、後の巨匠リン・ハレル16歳のドヴォルザーク「チェロ協奏曲」が見どころ。

新たに発掘されたバーンスタイン伝説のTVシリーズのシーズン2。第4話は、アメリカの作曲家コープランドの60歳の誕生日を祝い、コープランド自身の貴重な指揮も。
レナード・バーンスタイン
アーロン・コープランド
ニューヨーク・フィルハーモニック
ウィリアム・ワーフィールド

新たに発掘されたバーンスタインの伝説のTVシリーズのシーズン2。第5話は、後の巨匠リン・ハレル16歳のドヴォルザーク「チェロ協奏曲」が見どころ。

新たに発掘されたバーンスタインの伝説のTVシリーズのシーズン2。第6話は、パリをテーマに、ひねりの利いたアプローチとバーンスタインの名トークを堪能しよう。
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ザラ・ネルソヴァ
ジョージ・ガーシュウィン

新たに発掘されたバーンスタインの伝説のTVシリーズのシーズン2。第7話は、若い音楽家を紹介するシリーズ3回目。若き日の小澤征爾とゲイリー・カーが登場!

新たに発掘されたバーンスタインの伝説のTVシリーズのシーズン2。第6話は、パリをテーマに、ひねりの利いたアプローチとバーンスタインの名トークを堪能しよう。
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ザラ・ネルソヴァ
ジョージ・ガーシュウィン

新たに発掘されたバーンスタインの伝説のTVシリーズのシーズン2。第7話は、若い音楽家を紹介するシリーズ3回目。若き日の小澤征爾とゲイリー・カーが登場!

パリを目指したフランス人以外の3人の作曲家による、パリの音楽の影響を受けた作品を取り上げる。最初は、アメリカのガーシュウィンの『パリのアメリカ人』。ドビュッシーを例に独特の音階(全音音階)を説明した後、ガーシュウィンの本作にそのハーモニーがどれほど効果的に使われているかを、実際の音を紹介しながら明らかにしていく。その説得力はすばらしく、その後の演奏も本作の理想的な好演といえる。続いて、スイス出身の…
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ザラ・ネルソヴァ
ジョージ・ガーシュウィン

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の3回目。1人目に26歳の小澤征爾が登場!『フィガロの結婚』序曲を、長い指揮棒を持って颯爽と指揮する姿は、若さの中にも後年の面影が感じられる。本シリーズの若手指揮者の中でも別格の巨匠になる小澤のシーンは、大きな見どころ。続いて登場するのは、やはり未来の巨匠となるコントラバス奏者ゲイリー・カー。この日は実質カーを特にフィーチャーす…

パリを目指したフランス人以外の3人の作曲家による、パリの音楽の影響を受けた作品を取り上げる。最初は、アメリカのガーシュウィンの『パリのアメリカ人』。ドビュッシーを例に独特の音階(全音音階)を説明した後、ガーシュウィンの本作にそのハーモニーがどれほど効果的に使われているかを、実際の音を紹介しながら明らかにしていく。その説得力はすばらしく、その後の演奏も本作の理想的な好演といえる。続いて、スイス出身の…
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ザラ・ネルソヴァ
ジョージ・ガーシュウィン

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の3回目。1人目に26歳の小澤征爾が登場!『フィガロの結婚』序曲を、長い指揮棒を持って颯爽と指揮する姿は、若さの中にも後年の面影が感じられる。本シリーズの若手指揮者の中でも別格の巨匠になる小澤のシーンは、大きな見どころ。続いて登場するのは、やはり未来の巨匠となるコントラバス奏者ゲイリー・カー。この日は実質カーを特にフィーチャーす…

20世紀アメリカを代表する作曲家のひとり、アーロン・コープランド。この番組がカーネギー・ホール収録された1960年11月12日は、コープランドの60歳の誕生日だった。バーンスタインはコープランド作品の多面的な特徴を、多彩な作品をピックアップしながら解説。バリトンのウィリアム・ワーフィールドが歌う『古いアメリカの歌』も抜群の楽しさ。最後にコープランド自身が登場し、自らの代表作のひとつ「エル・サロン・…
レナード・バーンスタイン
アーロン・コープランド
ニューヨーク・フィルハーモニック
ウィリアム・ワーフィールド

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の2回目。注目は、最初に登場する16歳のチェリスト、リン・ハレル。後に名チェリストとして活躍し、幅広い音楽活動を展開する彼のドヴォルザークの第3楽章は、やはり輝きが違う。 続いて、16歳の韓国人ピアニスト、チュン・チャ・キムは、ショパンのピアノ協奏曲第1番第2楽章を芯の強い音で美しく奏でる。 次は「歌手は声の発達の点で、楽器奏者…

パリを目指したフランス人以外の3人の作曲家による、パリの音楽の影響を受けた作品を取り上げる。最初は、アメリカのガーシュウィンの『パリのアメリカ人』。ドビュッシーを例に独特の音階(全音音階)を説明した後、ガーシュウィンの本作にそのハーモニーがどれほど効果的に使われているかを、実際の音を紹介しながら明らかにしていく。その説得力はすばらしく、その後の演奏も本作の理想的な好演といえる。続いて、スイス出身の…
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ザラ・ネルソヴァ
ジョージ・ガーシュウィン

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の3回目。1人目に26歳の小澤征爾が登場!『フィガロの結婚』序曲を、長い指揮棒を持って颯爽と指揮する姿は、若さの中にも後年の面影が感じられる。本シリーズの若手指揮者の中でも別格の巨匠になる小澤のシーンは、大きな見どころ。続いて登場するのは、やはり未来の巨匠となるコントラバス奏者ゲイリー・カー。この日は実質カーを特にフィーチャーす…

パリを目指したフランス人以外の3人の作曲家による、パリの音楽の影響を受けた作品を取り上げる。最初は、アメリカのガーシュウィンの『パリのアメリカ人』。ドビュッシーを例に独特の音階(全音音階)を説明した後、ガーシュウィンの本作にそのハーモニーがどれほど効果的に使われているかを、実際の音を紹介しながら明らかにしていく。その説得力はすばらしく、その後の演奏も本作の理想的な好演といえる。続いて、スイス出身の…
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ザラ・ネルソヴァ
ジョージ・ガーシュウィン

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の3回目。1人目に26歳の小澤征爾が登場!『フィガロの結婚』序曲を、長い指揮棒を持って颯爽と指揮する姿は、若さの中にも後年の面影が感じられる。本シリーズの若手指揮者の中でも別格の巨匠になる小澤のシーンは、大きな見どころ。続いて登場するのは、やはり未来の巨匠となるコントラバス奏者ゲイリー・カー。この日は実質カーを特にフィーチャーす…

ベルリオーズ序曲『ローマの謝肉祭』の鮮烈な演奏をはさんで、ホールのアコースティックについて、ややアカデミックな話を、バーンスタインはできるだけ噛み砕いて懸命に説明する。その中で、コープランドの歌曲『小さな馬たち』を名歌手シャーリー・ヴェレット=カーターが歌い上げ喝采を浴びる。そして、ニューヨーク・フィルのヴァイオリン奏者4人をソリストにヴィヴァルディ「4つのヴァイオリンのための協奏曲」。第1ソロを…

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の4回目は、4人の若手ピアニストたちが登場。3人の10代の女性ピアニストたちが、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番の各楽章を分担して、全曲を演奏する。指揮者もNYフィルのアシスタント3人がそれぞれ担当し、異なる個性でひとつの作品が演奏されるというユニークな趣向になっている。そして後半、16歳のアンドレ・ワッツが、バーンスタインの…

パリを目指したフランス人以外の3人の作曲家による、パリの音楽の影響を受けた作品を取り上げる。最初は、アメリカのガーシュウィンの『パリのアメリカ人』。ドビュッシーを例に独特の音階(全音音階)を説明した後、ガーシュウィンの本作にそのハーモニーがどれほど効果的に使われているかを、実際の音を紹介しながら明らかにしていく。その説得力はすばらしく、その後の演奏も本作の理想的な好演といえる。続いて、スイス出身の…
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ザラ・ネルソヴァ
ジョージ・ガーシュウィン

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の3回目。1人目に26歳の小澤征爾が登場!『フィガロの結婚』序曲を、長い指揮棒を持って颯爽と指揮する姿は、若さの中にも後年の面影が感じられる。本シリーズの若手指揮者の中でも別格の巨匠になる小澤のシーンは、大きな見どころ。続いて登場するのは、やはり未来の巨匠となるコントラバス奏者ゲイリー・カー。この日は実質カーを特にフィーチャーす…

ベルリオーズ序曲『ローマの謝肉祭』の鮮烈な演奏をはさんで、ホールのアコースティックについて、ややアカデミックな話を、バーンスタインはできるだけ噛み砕いて懸命に説明する。その中で、コープランドの歌曲『小さな馬たち』を名歌手シャーリー・ヴェレット=カーターが歌い上げ喝采を浴びる。そして、ニューヨーク・フィルのヴァイオリン奏者4人をソリストにヴィヴァルディ「4つのヴァイオリンのための協奏曲」。第1ソロを…

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の4回目は、4人の若手ピアニストたちが登場。3人の10代の女性ピアニストたちが、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番の各楽章を分担して、全曲を演奏する。指揮者もNYフィルのアシスタント3人がそれぞれ担当し、異なる個性でひとつの作品が演奏されるというユニークな趣向になっている。そして後半、16歳のアンドレ・ワッツが、バーンスタインの…

ベルリオーズ序曲『ローマの謝肉祭』の鮮烈な演奏をはさんで、ホールのアコースティックについて、ややアカデミックな話を、バーンスタインはできるだけ噛み砕いて懸命に説明する。その中で、コープランドの歌曲『小さな馬たち』を名歌手シャーリー・ヴェレット=カーターが歌い上げ喝采を浴びる。そして、ニューヨーク・フィルのヴァイオリン奏者4人をソリストにヴィヴァルディ「4つのヴァイオリンのための協奏曲」。第1ソロを…

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の4回目は、4人の若手ピアニストたちが登場。3人の10代の女性ピアニストたちが、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番の各楽章を分担して、全曲を演奏する。指揮者もNYフィルのアシスタント3人がそれぞれ担当し、異なる個性でひとつの作品が演奏されるというユニークな趣向になっている。そして後半、16歳のアンドレ・ワッツが、バーンスタインの…

ベルリオーズ序曲『ローマの謝肉祭』の鮮烈な演奏をはさんで、ホールのアコースティックについて、ややアカデミックな話を、バーンスタインはできるだけ噛み砕いて懸命に説明する。その中で、コープランドの歌曲『小さな馬たち』を名歌手シャーリー・ヴェレット=カーターが歌い上げ喝采を浴びる。そして、ニューヨーク・フィルのヴァイオリン奏者4人をソリストにヴィヴァルディ「4つのヴァイオリンのための協奏曲」。第1ソロを…

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の4回目は、4人の若手ピアニストたちが登場。3人の10代の女性ピアニストたちが、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番の各楽章を分担して、全曲を演奏する。指揮者もNYフィルのアシスタント3人がそれぞれ担当し、異なる個性でひとつの作品が演奏されるというユニークな趣向になっている。そして後半、16歳のアンドレ・ワッツが、バーンスタインの…

パリを目指したフランス人以外の3人の作曲家による、パリの音楽の影響を受けた作品を取り上げる。最初は、アメリカのガーシュウィンの『パリのアメリカ人』。ドビュッシーを例に独特の音階(全音音階)を説明した後、ガーシュウィンの本作にそのハーモニーがどれほど効果的に使われているかを、実際の音を紹介しながら明らかにしていく。その説得力はすばらしく、その後の演奏も本作の理想的な好演といえる。続いて、スイス出身の…
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ザラ・ネルソヴァ
ジョージ・ガーシュウィン

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の3回目。1人目に26歳の小澤征爾が登場!『フィガロの結婚』序曲を、長い指揮棒を持って颯爽と指揮する姿は、若さの中にも後年の面影が感じられる。本シリーズの若手指揮者の中でも別格の巨匠になる小澤のシーンは、大きな見どころ。続いて登場するのは、やはり未来の巨匠となるコントラバス奏者ゲイリー・カー。この日は実質カーを特にフィーチャーす…

ベルリオーズ序曲『ローマの謝肉祭』の鮮烈な演奏をはさんで、ホールのアコースティックについて、ややアカデミックな話を、バーンスタインはできるだけ噛み砕いて懸命に説明する。その中で、コープランドの歌曲『小さな馬たち』を名歌手シャーリー・ヴェレット=カーターが歌い上げ喝采を浴びる。そして、ニューヨーク・フィルのヴァイオリン奏者4人をソリストにヴィヴァルディ「4つのヴァイオリンのための協奏曲」。第1ソロを…

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の4回目は、4人の若手ピアニストたちが登場。3人の10代の女性ピアニストたちが、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番の各楽章を分担して、全曲を演奏する。指揮者もNYフィルのアシスタント3人がそれぞれ担当し、異なる個性でひとつの作品が演奏されるというユニークな趣向になっている。そして後半、16歳のアンドレ・ワッツが、バーンスタインの…

ベルリオーズ序曲『ローマの謝肉祭』の鮮烈な演奏をはさんで、ホールのアコースティックについて、ややアカデミックな話を、バーンスタインはできるだけ噛み砕いて懸命に説明する。その中で、コープランドの歌曲『小さな馬たち』を名歌手シャーリー・ヴェレット=カーターが歌い上げ喝采を浴びる。そして、ニューヨーク・フィルのヴァイオリン奏者4人をソリストにヴィヴァルディ「4つのヴァイオリンのための協奏曲」。第1ソロを…

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の4回目は、4人の若手ピアニストたちが登場。3人の10代の女性ピアニストたちが、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番の各楽章を分担して、全曲を演奏する。指揮者もNYフィルのアシスタント3人がそれぞれ担当し、異なる個性でひとつの作品が演奏されるというユニークな趣向になっている。そして後半、16歳のアンドレ・ワッツが、バーンスタインの…

バーンスタイン自身が教わった教師・先生たちへの思い出や感謝の気持ちを語り、人生において恩師の大切さを伝える。多くの先生たちの名前が挙がり、うち何人かは客席にいる様子も映し出される。その名前と楽曲の演奏がセットになったのは4人。 ロシア出身でボストン交響楽団の名指揮者だったセルゲイ・クーセヴィツキー。特に合唱作品が有名な作曲家ランドル・トンプソン。20世紀アメリカの重要な作曲家・指導者で「管弦楽法」…
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ヨハネス・ブラームス

若い音楽家を紹介する恒例のシリーズ5回目は、アシスタント指揮者にクラウディオ・アバドとズデニェク・コシュラーという、後に大指揮者となるふたりの登場が見どころ。まずハープのハイディ・レーワルダーが、ヘンデルのハープ協奏曲を典雅に奏でる。 続いて、ハープの他、クラリネットとフルートの若きソリストも加わり、ラヴェルの『序奏とアレグロ』がオーケストラの弦楽器と共に演奏され、その指揮者が若きアバド。この後ア…

ベルリオーズ序曲『ローマの謝肉祭』の鮮烈な演奏をはさんで、ホールのアコースティックについて、ややアカデミックな話を、バーンスタインはできるだけ噛み砕いて懸命に説明する。その中で、コープランドの歌曲『小さな馬たち』を名歌手シャーリー・ヴェレット=カーターが歌い上げ喝采を浴びる。そして、ニューヨーク・フィルのヴァイオリン奏者4人をソリストにヴィヴァルディ「4つのヴァイオリンのための協奏曲」。第1ソロを…

バーンスタインが若いアーティストたちを紹介する「ヤング・アーティスト」の4回目は、4人の若手ピアニストたちが登場。3人の10代の女性ピアニストたちが、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番の各楽章を分担して、全曲を演奏する。指揮者もNYフィルのアシスタント3人がそれぞれ担当し、異なる個性でひとつの作品が演奏されるというユニークな趣向になっている。そして後半、16歳のアンドレ・ワッツが、バーンスタインの…

バーンスタイン自身が教わった教師・先生たちへの思い出や感謝の気持ちを語り、人生において恩師の大切さを伝える。多くの先生たちの名前が挙がり、うち何人かは客席にいる様子も映し出される。その名前と楽曲の演奏がセットになったのは4人。 ロシア出身でボストン交響楽団の名指揮者だったセルゲイ・クーセヴィツキー。特に合唱作品が有名な作曲家ランドル・トンプソン。20世紀アメリカの重要な作曲家・指導者で「管弦楽法」…
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ヨハネス・ブラームス

若い音楽家を紹介する恒例のシリーズ5回目は、アシスタント指揮者にクラウディオ・アバドとズデニェク・コシュラーという、後に大指揮者となるふたりの登場が見どころ。まずハープのハイディ・レーワルダーが、ヘンデルのハープ協奏曲を典雅に奏でる。 続いて、ハープの他、クラリネットとフルートの若きソリストも加わり、ラヴェルの『序奏とアレグロ』がオーケストラの弦楽器と共に演奏され、その指揮者が若きアバド。この後ア…

バーンスタイン自身が教わった教師・先生たちへの思い出や感謝の気持ちを語り、人生において恩師の大切さを伝える。多くの先生たちの名前が挙がり、うち何人かは客席にいる様子も映し出される。その名前と楽曲の演奏がセットになったのは4人。 ロシア出身でボストン交響楽団の名指揮者だったセルゲイ・クーセヴィツキー。特に合唱作品が有名な作曲家ランドル・トンプソン。20世紀アメリカの重要な作曲家・指導者で「管弦楽法」…
レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
ヨハネス・ブラームス

若い音楽家を紹介する恒例のシリーズ5回目は、アシスタント指揮者にクラウディオ・アバドとズデニェク・コシュラーという、後に大指揮者となるふたりの登場が見どころ。まずハープのハイディ・レーワルダーが、ヘンデルのハープ協奏曲を典雅に奏でる。 続いて、ハープの他、クラリネットとフルートの若きソリストも加わり、ラヴェルの『序奏とアレグロ』がオーケストラの弦楽器と共に演奏され、その指揮者が若きアバド。この後ア…
アイコンについて開く
放送中
ただいま放送中 現在放送中の番組です。
NEW!
初回放送 初回放送の番組です。
日本初
日本初 日本で初めて放送される番組です。
二ヵ国
二ヵ国語 吹き替えの音声に加えてオリジナルの音声を副音声で放送する番組です。
ステレオ
ステレオ 音声がステレオの番組です。
モノラル
モノラル 音声がモノラルの番組です。
5.1ch
5.1ch放送 5.1Chサラウンドの番組です。
音声多重
音声多重 音声多重の番組です。
生放送
生放送 生放送の番組です。
HD
HD番組 ハイビジョンの画質の番組です。
PPV
PPV 番組単位で購入し、視聴した分だけ後日料金を支払う視聴方法が選択可能な番組です。詳細はこちら
字幕
字幕 字幕を表示する番組です。
吹替
吹替 吹き替えの番組です。
無料
無料放送 ご契約がなくても視聴いただける番組です。
成人
成人向け番組 成人向けの番組です。ご視聴いただくにはお手続きが必要です。
R-18指定
R-18指定 視聴年齢制限が18歳未満に設定されている番組です。
R-15指定
R-15指定 視聴年齢制限が15歳未満に設定されている番組です。
PG-12指定
PG-12指定 12歳未満(小学生以下)の方は保護者同伴での視聴が望ましい番組です。
オンデマンド
オンデマンド スカパー!オンデマンドでも視聴いただける番組です。
※一部ご視聴いただけない番組もございます。

・このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
・このサイトは、ブラウザInternet Explorer11以降、Chrome 最新版、Firefox 最新版での動作を確認しております。上記以外のブラウザで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

スカパー!公式番組を探すニューヨーク・フィルハーモニック > ニューヨーク・フィルハーモニックの放送番組一覧
newAppBannerImg